その方らしく、より良くあるために・・・

当院では、脳血管疾患、運動器疾患等に対して、総合的なリハビリテーションを行っております。最適なリハビリテーションが行えるよう、医師の指示のもと、医療スタッフが一丸となり全力で取り組んでいます。チーム全員で患者様の支えとなり、再び笑顔となれるよう精一杯支援していきます。

リハビリテーションのご案内

入院からリハビリテーション開始まで

入院後、医師による診察を行い、病棟スタッフ、リハビリスタッフ、相談員がお体やご自宅の状態について評価を行い、情報共有や方針についての話し合い(カンファレンス)を実施します。
そして、必要に応じて医療処置やリハビリテーションの提供を行い退院へ向けて準備を行っていきます。

入 院

医師による診察

ご家族への説明

リハビリオーダー

ご本人・ご家族・医師・病棟スタッフ・相談員による話し合い(方針・目標設定)

入院後も定期的にカンファレンスを実施し、情報共有や今後の方針について話し合います。また、介護保険の見直しや社会的サービスの調整、必要に応じて家屋調査を実施し手すりの設置や住宅改修のアドバイスを行う事で住み慣れた地域での生活を支援します

方針・目標設定

リハビリ症例検討・伝達講習

週に1回リハビリテーションスタッフ全員で症例検討を実施します。
現在の課題や目標へ向けた介入内容を各担当者が発表し、今後の介入へ活かせるよう意見交換を行います。
また、研修会等で学んできたことを他スタッフへ伝達します。

班ミーティング

主に担当する階ごとに班分けをし、経験豊富な班長を中心に、各担当患者様の情報共有をします。経験年数が異なる数名で班を組むことで、多方面からのアドバイスを聞くことが可能となり、リハビリ内容の変更やスムースな退院調整に繋げていきます。

班ミーティング
班ミーティング

家屋調査

実際にご本人・ご家族とスタッフが自宅へ伺い、患者様が生活しやすい環境となるよう検討します。
手すりの設置や家屋改修、または福祉用具の使用が必要なのか検討し、退院後に安全に過ごすことが出来るよう提案します。

装具検討会

装具が必要となる患者様に対し、担当セラピストや理学療法士を中心に経過や予後を含めた話し合いを行います。訓練や今後の生活で適切な装具などを検討し主治医や患者様・ご家族に提案します。

退院前カンファレンス

退院前にご家族、ケアマネージャー、主治医、看護師、相談員、リハビリスタッフでカンファレンスを実施します。患者様が日常生活においてご自身で可能なこと、また介助が必要な事や生活での注意点をご家族やケアマネージャーへお伝えします。スムースに退院後の生活を送れるよう、退院前から必要な介護保険サービスを検討します。