回復期リハビリテーション病棟は、脳血管疾患や大腿骨頸部骨折手術後などの患者様に対して、立ち上がり・歩く・座る・食べる・トイレ動作などの日常生活動作の向上による寝たきりの防止と、早期の家庭復帰・社会復帰を目指したリハビリテーション計画を医師・看護師・理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、メディカルソーシャルワーカー等が共同して作成し、これに基づくリハビリテーションを集中的に行うための病棟です。
平成20年5月、東京都板橋区内に医療法人慈誠会グループ内で2病院目となる回復期リハビリテーション病棟を立ち上げました。関係職種がチームを組み、それぞれの専門性を生かし、退院に向けて患者様ひとりひとりのニーズに応えた医療と質の高いリハビリテーションの提供に努めております。

対象疾患と入棟期間

対象疾患 期間 日数
脳血管疾患
脊髄損傷等
脳血管疾患、脊髄損傷等の発症または手術後 発症又は手術後2ヶ月以内 150日
脳血管疾患、脊髄損傷等の発症または手術後2ヶ月以内の状態(高次脳機能障害を伴った重度脳血管障害、重度頚髄損傷及び頭部外傷を打組む多発外傷の場合) 発症又は手術後2ヶ月以内 180日
整形疾患等 大腿骨、骨盤、脊椎。股関節または膝関節の骨折または手術後 発症又は手術後2ヶ月以内 90日
大腿骨、骨盤、脊椎。股関節または膝関節の神経・筋・靭帯損傷後 損傷後1ヶ月以内 60日
廃用症候群 外科手術又は肺炎等の治療時の安静により生じた廃用症候群(長期臥床により下肢筋力が低下した状態)を有している 発症又は手術後2ヶ月以内 90日

入院時評価

入院当日に看護師、リハビリテーションスタッフで日常生活動作の評価を行います。
移動手段やベッドから車椅子への移乗、食事、排泄に必要な介助量や介助法を把握し、スムーズに入院生活を始められるよう情報共有をします。

連絡会

毎日ミーティングの時間を設け、各患者様の生活状況を看護師、介護士、リハビリテーションスタッフで話し合います。歩行が安定してきたので歩行器から杖への変更を検討したり、排泄の失敗が見られないので布パンツへ移行したりと、病棟とリハビリの目線から意見を出して生活場面で患者様の出来る事を増やしていきます。

連絡会

カンファレンス

毎月1回、主治医、看護師、医療相談員、リハビリスタッフにて行っています。リハビリや病棟内でのADL状況といった患者様の情報を他職種と共有しADLの変更、治療方針の検討、今後の退院に向けた見通しを立てていきます。それにより効果的なリハビリの提供をしています。

ADL表

患者様毎に日常生活動作の介助量等の情報を1つの表にまとめて記載することで、他職種と情報共有を図ると共に患者様に適した介助量での介助を行い、身体機能の改善や動作への参加を促していきます。